韓国語もOK!意外と簡単オリジナルうちわの作り方!基本編

スポンサーリンク

ライブやイベントで推しからファンサをもらうには、うちわは欠かせないアイテムのひとつです。

ライブグッズで販売される推しのカッコいいうちわで応援するのもいいですが、オリジナルうちわなら熱い想いを込めてアピールできます。

そこで別記事でご紹介した、手作りうちわ作成キットの作成手順を解説します。

スポンサーリンク

使用するキット

楽天市場・名刺印刷・年賀状なら-印刷の王様-で取り扱いされている、手作りうちわ作成キットを使用します。

セット内容

うちわフレーム 10本
うちわシール 20枚+予備2枚
テスト印刷用紙 1枚

うちわフレーム:うちわの下の用紙はA4サイズ横向き
テスト印刷用の用紙も入っています

うちわシールは上質紙で、プリンタでの印刷することも、手書きで書くことも可能です。

今回はWordを使用しての作成手順をご紹介します。

手順

Wordのバージョンは2016です。

ご使用の環境によって表示されるメッセージに違いがある場合があります。

①テンプレートのダウンロード

楽天市場・名刺印刷・年賀状なら-印刷の王様-手作りうちわ作成キット販売ページから、うちわサイズに合わせたテンプレートがダウンロードできます。

PDFデータのテンプレートをダウンロードしてください。

②Wordを立ち上げてダウンロードしたファイルを開く

メッセージが表示されたら【OK】をクリック

③テンプレートを編集可能な状態にする

この画面から編集していきます

④文字を入力する

挿入タブ → テキスト → ワードアートの挿入

今回は3行目の一番左のスタイルを選択しました

文字入力するボックスが表示されるので、中央付近までボックスを移動します

枠内をクリックして【ここに文字を入力】を削除し文字を入力する

MEMO

韓国語を入力したい場合、キーボードから入力できない場合は、翻訳ページなどで韓国語を表示させ、文字をコピーし貼り付けても入力することができます。

入力した文字全部を選択し、任意のフォント・文字サイズに変更する

文字ボックスを選択し中央付近に移動します

文字が入力されました

⑤文字色の設定

図形の書式タブ → ワードアートのスタイル → 文字の塗りつぶし

文字の色を赤色に変更してみます。

文字が赤色に変更されました

⑥文字の装飾

図形の書式タブ → ワードアートのスタイル → 文字の輪郭

文字の輪郭の色を白、太さを4.5ptに変更し輪郭を太く立体的にします

輪郭の白色部分が太くなりました

⑦背景色の設定

うちわ全体の色を塗るため、図の中央付近をクリックして画像全体を選択

図形の書式タブ → 図形のスタイル → 図形の塗りつぶし 

テーマの色で黒を選択

完成

⑧保存

作業の途中でも、こまめに保存することをお勧めします。

⑨印刷

印刷する前にピンク色の枠を削除します。

ピンク色の枠線の選択の仕方は、ピンク色の線をクリックすると、うちわの図を囲む図形が2つ表示されるので、内側の図形を選択してから削除します。

ピンク色の線が消えました

削除しないで印刷すると、ピンクの線が印字されてしまうので注意してください。

後日、別のデザインで作成したいときのためにピンクの線は残しておきたいので、印刷が終了したら保存しないで終了するか、別のファイル名で保存しておくことをお勧めします

うちわシールの完成です!
お疲れさまでした!

まとめ

今回は基本編ということでうちわの色付けと文字入れをしましたが、ハートや星などの図を入れてるデコレーション編を考えています。

Wordの操作に慣れていないと難しく感じるかもしれませんが、何度もデザインのやり直しが出来るので、材料費を抑えて作成することができます。

でもちょっとムズカシ…と思う方は、オリジナルうちわ作成してくれる専門店にオーダーしてみてはいかがでしょうか。

ライブやイベント時のうちわ使用には、アーティストの写真や、著作権のあるものを使用することは出来ないのことが多いので、作成する前に確認して個性あふれる作品を作ってください。

タイトルとURLをコピーしました