恋の乱・幸村・才蔵コンピに夢中!いつか行きたいゆかりの地・信州上田市!

スポンサーリンク

最近では推し事ほったらかしで、恋の乱の世界に夢中になってしまい、アプリを開くのが楽しみな毎日を送っています。

物語に登場する戦国の時代を駆け抜けた武将たちのことを知りたくて、歴史関連の本を読む機会も増えました。

学生時代に学んだ歴史の記憶も薄れた今、創作された物語とはいえ、歴史的出来事を織り交ぜた物語は、現実の戦国時代への興味へと引き立てます。

特に幸村様と才蔵さんの本編・続編を読み、その魅力的男性像に惹かれ、どんな人生を送ったのか知りたくなりました。

才蔵さんは架空の人物ということですが、幸村様は実在した戦国武将なので、幸村様が活躍した場所に行ってみたいと思うようになりました。

真田氏ゆかりの地は全国にありますが、真田氏の本拠地である長野県上田市は見どころがたくさんあります。

スポンサーリンク

上田城跡公園

上田城

真田幸村の父、昌幸によって、天正11年(1583)に築城された平城。

上田城は第一次・第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られています。

第二次上田合戦後、徳川軍に破却され堀も埋められましたが、仙石氏が城主の時代に再建されました。

明治維新後、西櫓1基を残しそのほかの櫓・櫓門は取り払われましたが、南櫓・北櫓が再構築されました。

幸村・信幸兄弟が暮らしていたであろう上田城は、上田城跡公園になっていて真田氏が暮らしていた当時のお城の面影を見ることは出来ませんが、東虎口櫓門右手の石垣にある大石は、信幸が松代城移封にあたり父・昌幸の形見として持っていこうとしたところ、微動だにしなかったという言い伝えが残る真田石や、再建された櫓も見ることができます。

春には1000本の桜が咲き誇り、紅葉シーズンにはけやき並木がライトアップされるそうで、幸村様もこの桜を見ていたのかと思いを馳せてみたいです。

上田城(上田城公園)

真田神社

真田神社は上田城歴代城主、真田氏、仙石氏、松平氏を御祭神とし、上田城跡公園内本丸跡にあります。

上田城は徳川軍との二度の合戦にも落ちなかった「不落城」として知られていることから、合格祈願や必勝祈願のお参りをされる方も多いようです。

御朱印は通常の御朱印の他に、季節限定の御朱印をいただける期間もあるようです。

真田神社

上田市立博物館

歴代上田城主の歴史・民俗資料が展示されている博物館です。

甲冑や犬伏の別れで有名な「真田父子犬伏密談図」など真田氏城主時代の資料や、上田城に関する資料が展示されていています。

上田市立博物館の企画展の開催、展示物の変更や休館日などは、公式ページで確認ができます。

上田市立博物館


上田城跡公園

池波正太郎 真田太平記念館

作家の池波正太郎氏の作品の魅力を紹介する資料館で、「真田太平記」の資料と池波正太郎氏のゆかりの品が展示されています。

特に館内2階にある「真田太平記」コーナーの展示に興味があります。

池波正太郎 真田太平記念館

真田氏歴史館

真田一族に関する資料を展示している資料館で、館内には真田氏にまつわる古文書や武具などが年代に沿って配置されています。

真田氏歴史館

真田十勇士モニュメント

上田市の街中に真田十勇士のモニュメントがあるそうです。

徒歩で回れる範囲にあるようなので、城下町を散策しながらモニュメントも見つけてみたいです。

上田駅前には、幸村様の像があるそうです。

別所温泉

別所温泉は信州最古の温泉で、天然温泉と国宝や重要文化財などの歴史的建造物も多く、散策コースも充実しているので、上田に訪れたら宿泊したい場所です。

中でも、老舗旅館の上松やには、真田幸村をテーマにした「真田戦国部屋」という客室があり、戦国スタイリッシュをテーマに、昔の家屋を現代風和モダンにアレンジしたお部屋で戦国武将気分を味わえるそうです。

客室には赤備えや六文銭のアメニティが用意されているそうです。

「真田戦国部屋」だけでなく、館内には真田幸村と十勇士の切り絵が展示されていたり、上松やから徒歩20秒の場所には「真田幸村の隠し湯」もあり、滞在中は幸村様と十勇士との時間を楽しめそうです。

別所温泉

信州別所温泉 旅宿 上松や

まとめ

他にもゆかりの地や見どころはたくさんありますが、短い滞在時間で周れる範囲は限られてしまうので、上田城跡公園周辺の散策と、別所温泉に泊まるプランで行くことができたらいいと思っています。

長野県上田市だけでなく、幸村様ゆかりの地は全国にありますが、中でも蟄居先の和歌山県の九度山や、大阪城付近の真田丸跡とされる場所にも行ってみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました