名古屋駅から徒歩圏内のパワースポット「白龍神社」で2020年の開運祈願!

スポンサーリンク

2020年1月12日、東方神起のライブに行くため名古屋に行きました。

JR名古屋駅に11時過ぎに到着予定なので、ライブ会場に向かう前に名古屋駅周辺でお参りできる神社がないか調べたところ、徒歩15分ほどの場所に「白龍神社」という神社があることを知りました。

予定通り名古屋駅に到着したので、ランチの前に「白龍神社」へ行きました。

名古屋駅から徒歩で15分とのことでしたが、車が行きかう大通りを歩きながら、こんな街中に本当に神社があるのかと不安になりましたが、地図通り進むと鳥居が見えてきました。

先にお一人参拝されている方がいらっしゃいましたが、ゆったり参拝できそうです。

鳥居をくぐると人の気が少ないせいか、歓迎ムードというよりは張り詰めた気を感じて緊張しましたが、まず社務所でお供えするお神酒(おみき)をいただきました。

2本1対でお供えしても、1本でお供えしてもいいとのことでしたので、拝殿、御神木のいちょうの木、末社の3社に1本づつお供えするため、3本分の初穂料をお納めしました。

スポンサーリンク

御本殿

まずは御本殿にお参りさせていただきました。

白龍神社の御本殿には、高龗神(たかおかみのかみ)と須佐之男命(すさのおのみこと)の2柱がお祀りされています。

高龗神の神様の知識がなかったので調べてみると、「おかみ」は龍の古語を表すそうで、龍は水や雨を司る神として信仰されていたそうです。(Wikipediaより)

御神木

境内には御神木のいちょうの木が祀られています。

慶長八年(西暦1603年)に柳の木の下に祠が建てられたそうですが、柳の寿命が終え近くにそびえるいちょうの木に大神様が移られたそうです。

御神木のいちょうの木は、先の大戦時には空襲に合うも戦災を逃れ、現在に至るそうです。

末社

境内の一番奥に白蛇がお祀りされた末社があります。

鳥居には龍の装飾が施されていて、龍と白蛇でとてもパワーを感じます。

龍も白蛇も金運やビジネス運のご利益があるそうなので、お仕事に関するお願いを叶えていただけるのでは。

こちらには蛇の置物が置いてあり、最初は何も考えずに持ち上げ、次に願い事をしながら持ち上げて、軽く感じた場合は願いが叶いやすく、重く感じた場合は願いが叶いにくいとされているそうです。

左側の置物を持ち上げてみたのですが、最初は重くて持ち上げるのが大変でしたが、次に持ち上げた時は、最初の時より高く持ち上げることができたので、願いはかないやすいと思っていいのかな。

御朱印

お正月の期間は書置きの御朱印だけでした。

お正月は、どちらの神社さんも書置きのもので対応されているところが多いようです。

いつもはおみくじを引くことはないのですが、なぜか引いてみたくなり引いてみたところ「中吉」でした。

白龍神社御朱印
2020年1月12日

今回のお参りで、さらなる開運となるよう願っています。

こうして私たちがお参りしている間にも、次々と参拝者の方がみえていたので、パワースポットと呼んで間違いないのではないでしょうか。


白龍神社

タイトルとURLをコピーしました